子どものスポーツや習い事【受験に活きる習い事とは】

education

能力を引き出す

education

「親と子」での取り組み

様々な体験を通して子供の能力を引き出す方法として、「幼児教室」の存在が注目されています。今日では、あらゆる取り組みを通して子供の能力を引き伸ばす「幼児教室」が、主流を占めてきました。 一般的にこのような「幼児教室」では、1歳頃から入室することができます。低年齢児のレッスンには親が一緒に授業に参加し、「親子」で課題に取り組みます。この「親子での取り組み」は、小学校入学前まで行なわれます。 このような「幼児教室」では様々な知育教材や独自で開発したプリント教材を用いて、レッスンを行ないます。月に必要な授業料は、1万円から1万5千円程必要になります。幼児の習い事としては高額ですが、様々な補助教材を用いた授業や毎回異なる取り組みを行なう等、費用以上の効果を得ることができます。別途必要になる費用もあまり無いので、決して高い授業料ではないと言えます。

子供の気持ちを最優先

一昔前、「幼児教室」は知識を詰め込む場所である、というイメージがあり、幼児教育に対する意見は、批判的なものが大半を占めていました。 しかし、子供の発達過程や「脳科学」の研究が進み、その結果、幼児教育の必要性が広く認識されるようになってきました。確かに、知的取り組みに偏った働きかけでは、子供に悪影響を与えてしまいます。しかし、今日の「幼児教室」では、あらゆる体験を通して子供の能力を育む取り組みが行なわれているのです。 「学力・点数」ばかりにこだわりすぎると、親子関係が壊れたり、心が育っていない子供に成長する可能性もあります。社会が変化し、様々な面で子育てが難しい時代になってきました。今日の「幼児教室」では、親子間のコミュニケーションを図り、子供の心に寄り添う取り組みが行なわれているのです。