子どものスポーツや習い事【受験に活きる習い事とは】

education

子どものうちから

education

いろんな効果が期待できます

子どもを習いごとに行かせると、様々なことが身に付くことが多いです。例えばスポーツを習わせようと考えた場合、人気のスポーツは野球やサッカーでしょう。そういった習い事をさせる時、きっかけは子どもが自分でななうことを希望してくることもあります。そして野球やサッカーの少年チームに入ると、知らない間に挨拶がきちんとできる子どもになるのです。子どもはそういったことを習っている意識はないのですが、多くのスポーツではグランドに一礼をして練習をスタートしたり、コーチや監督に挨拶することが習慣になりますので、自然に身に付くという訳です。習い事をさせてこういった効果があるので、教育的にも好ましく、多くの親が習い事をさせるのです。

習字を習うと姿勢も良くなります

スポーツ以外にもさまざまな習い事があります。例えば習字です。町の集会所などで多くの子どもが習字を習っていますが、これをすると字が上手くなることのほかに、自然と姿勢がよくなるという効果があります。着席して丁寧に字を書くことを始動されますので、素直を先生の言うことを聞くとそういうふうに成長するのです。また、普段の行動に落ち着きのない子どもも、習字を習わせることによって落ち着くことがあります。習っていくにつれて次が上手になり、先生に褒められて習字の楽しさを知れば、さらにうまくなろうという向上心が芽生えることがあります。従って子供が習いたいと言ってきた習い事は、経済的に難しい場合などを除いてやらせてあげる方がいいのです。