子どものスポーツや習い事【受験に活きる習い事とは】

education

語学を身に付ける

education

プレスクールは幼稚園や保育園の3倍の費用がかかる

プレスクールは、基本的には保育園や幼稚園のような施設のことを指す言葉と定義されていますが、日本ではどちらかといえば英語教育を重点においた、英語保育をを行う施設のことをプレスクールとよんでいることが多いです。小さい頃から英語に触れることで、これからの国際社会に強い子を育てようとする親御さんが通わせることが多いですが、とにかく費用が高いです。一般的に公立や、区営などの保育園に通わせると、月に安くて2,3万程度で済むところが、プレスクールでは、月額で安くて7、8万かかるところが多いです。単純にみて、2〜4倍の費用がかかりますが、プレスクールはそれだけではなく、初年度納入金で100万前後の費用がかかってくる場合も多く、もちろん施設ごとに預かり時間や、保育内容、保育料金に大きな差が出てきますので、詳しく調べたり、施設の担当者に聞くなどして、施設を選ぶことが求められます。

通常保育との違いはなんなのか

最近では保育時間の延長など、働く女性の多さに比例して、さほど通常保育と比べても、保育時間が短いなどの欠点はなくなってきました。幼稚園などの数時間保育に比べたら預かってくれる時間は長いところが多いようです。しかし、利用者の多くは教育熱心な専業主婦の方が多く、延長時間を追加するということはあまりないので、その施設の規定より長い時間預かってもらうためには通常より多めの延長料金がかかってきます。 通わせる最大のメリットは、英語ですが、同じ英語教育でも小学校のように単語を教えて文法を教えてといった手順を踏んでいく教育法を行っているところもありますし、楽しくダンスや、音楽などで英語に慣れ親しんでもらう目的で行うところなど、プレスクールによって教育方法は様々です。子どもが自分から進んで英語を習得できるように、母親だけの目線ではなく、子どもの目線で施設を選ぶことで、将来英語を身につけられる子どもに成長する確率が上がります。